このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/08/21(月) 04:43:34.21 ID:CAP_USER9
2017.8.20

イモトアヤコ 彼氏との別れを「行列」で告白…自ら切り出し互いに号泣

 珍獣ハンターことイモトアヤコ(31)が20日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、交際していた男性との別れについて明かした。イモトから切り出し、お互いに泣き合ったという。

 MCの東野幸治が「今まで彼氏がいたことは」と尋ねると、イモトは「あります」と即答。「一般の方で『イッテQ』とかやる前から知ってる人」と長い付き合いであったことをほのめかした。

 イモトは海外ロケが多いことから、滞在先で「寂しい」などのメールのやり取りをしたかどうか問われ、イモトは「それはやりますよね」と答えると共演者がしのび笑い。イモトは「笑いすぎだぞ!」とツッコんだ。

 別れはイモト自身が切り出した。「もう無理だから別れましょう」と告げたところ、男性は「嫌だ」と別れを拒否。イモトは「こっちは決意固まってますんで」と意志をつらぬいた。

 イモトは別れを振り返って「お互いに泣いた。正直、西野カナがあんなにしみることはなかったです。今まで全然だった。大号泣」と話し、「会いたい、会いたい震えるわ!」と叫んだ。


イモトアヤコ
https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/08/20/Images/d_10480191.jpgno title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/20/0010480190.shtml

【【テレビ】イモトアヤコ 彼氏との別れを「行列」で告白…自ら切り出し互いに号泣】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/08/20(日) 20:03:42.49 ID:CAP_USER9
ケンカ、スキャンダル、不義理……理由は星の数あれど“混ぜるなキケン!”の激ヤバ関係を大暴露公開!
キャスティング時の超重要資料としてテレビ局関係者に伝わる「絶対共演NGリスト」。
本誌が極秘入手したタブーだらけの資料を基に、“泣く子が息を止める”芸能界犬猿の仲を大暴露!

「よく言われていますが、皆さん、大人ですからね。現場では、共演NGリストなど、まるでないように対応していますよ」 
芸能レポーターの石川敏男氏はこう話すが、やはり脈々と語り継がれているリストは存在するという。

「芸能界を辞めるか。鉄パイプの椅子で殴られるか。土下座するか。選べや」 
約20年前、爆笑問題の太田光(51)が自身のコラムで、ダウンタウンの松本人志(53)を「アディダスの広告塔」と揶揄したことで激怒した松本が、後日、太田を楽屋に呼びつけ、そう言い放った。
太田は泣きながら謝罪を選択した――。

芸人にこの話を振ると誰もが凍りつくといわれる、業界で最も有名な“共演NG”の両者。
「以来、共演はもちろんなく、それぞれ自分のラジオ番組で名前が出ただけでも顔をしかめ、閉口するほどでした」(芸能ライター)

しかし、時を経て現在。2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のグランドフィナーレで共演を解禁したのを皮切りに、雪解けの兆しが見られているのだ。
「『いいとも』の際、CM中に太田が松本に“いろいろ、どうもすみません”と話すと、松本は“おお”と太田の肩を叩いたことを、後日、松村邦洋がラジオで明かしました」(放送作家)

さらに16年11月の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)には、太田の妻・太田光代氏が登場。
爆笑問題の漫才シーンがVTRで流れた他、松本が「彼(太田)は~」と語る場面もあった。

「今年末のM-1の審査員に太田を推す声も強くなっています。光
代氏も“まず両者が向き合って、番組で共演したほうが面白いものができるのでは”と具体的な共演話もしています。
とはいえ、テレビ局サイドが実現に向けて動くかというと……」(前同)

そんな松本が頑なに共演NGを突きつけるのが、中山秀征(49)だという。
「発端は、無名時代のダウンタウンが出演した『爆笑ヒットパレード』(フジ系)。
当時すでに有名だった中山と“ネタが被っている”と番組スタッフから圧力をかけられ、ネタを変更した松本でしたが、中山は当日、大御所然として現場にやって来て松本の挨拶を無視。
終始、態度が悪かったそう。そのときのことを、後の『ガキの使いやあらへんで』(日テレ系)のイニシャルトークで、“あいつは嫌な奴。
売れて変わる人間は最低”と毒づいていましたね」(制作会社関係者)

太田と違い、ネタにもならないところを見ると、NG解禁は遠そうだ。
しかし、30年間以上の確執から解放された例もあるように、何が起こるのか分からないのが芸能界である。

「タモリ(71)と小田和正(69)ですね。発端は84年の『いいとも』の“テレフォンショッキング”での共演。
かねてからフォーク嫌いを公言していたタモリに対し、冷たく受け答える小田、緊張感に静まり返る客席……。
以来、共演は一切ありませんでしたが、15年2月にフジの生野陽子アナと中村光宏アナの結婚披露宴に両者が出席。
小田からタモリに歩み寄り、握手を交わしたそうです」(芸能記者) 
大物同士の、歴史的和解の瞬間だった。

タモリと並ぶ“お笑いBIG3”の一人、ビートたけし(69)も遺恨を持つ相手がいる。
桑田佳祐(60)だ。

「89年に『その男、凶暴につき』で映画監督デビューしたたけしさんですが、翌年に桑田さんも『稲村ジェーン』で監督デビュー。
これに、たけしさんは著書で、“こんなに長く感じた映画は初めて”とボロクソ。
対する桑田さんも“感性が足りない”と応戦したんです。
たけしさんは“ミュージシャン桑田佳祐”は高く評価しているそうですが、共演となるとありえないでしょうね」(前出の放送作家)

https://taishu.jp/detail/26261/

※続きます

【【芸能】松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」最新版】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/08/20(日) 21:15:13.71 ID:CAP_USER9
「顔が長い顔が長いとよく言われるので測ってみたら大体16センチ」
 菜々緒のインスタグラムにアップされたこの言葉は実は“桐谷潰し”だと言われている。菜々緒(28)が桐谷美玲(27)に“ガチバトル”を仕掛けたのだ。
 「菜々緒は7月29日、自身のインスタグラムに、顔にメジャーをあてた画像とともに“顔が長いとよく言われるので測ってみたら大体16センチ”という
謎のコメントを突如アップしたのです。実は前日、桐谷もインスタでスタッフの手と比較するような自分の小顔写真をアップしており、“顔が小さい”と
絶賛の声が相次いでいた。桐谷は顔の長さが18.5センチとされるだけに、ムキになった菜々緒が桐谷を公開処刑にしたと言われています」(芸能関係者)

 というのも、2人には因縁があった。菜々緒は、'16年7月期のフジテレビ系月9連ドラ『好きな人がいること』で主演の桐谷と共演。その時も桐谷を
攻撃するツイートをし、緊張が走った過去があったのだ。
 「'16年7月、菜々緒はツイッターで“前髪ある人と顔の大きさ比べられたらそりゃ勝てないさ。あと身長も違うし、そりゃ勝てないさ”と意味不明の
つぶやきをしたのですが、これは桐谷への攻撃だったとみられています。実は同ドラマ放送中、視聴者から“桐谷の顔って小さい。菜々緒と比べると
歴然”の声がネット上で相次いだため、菜々緒が桐谷へのライバル心を増幅。現場では、口もきかない犬猿の仲になったそうです」(同)

 ただこのバトル、うれしい方向に発展する動きもありそうなのだ。
 「桐谷は、'14年発売の写真集で、パリの街角で全裸に新聞紙だけをまとったカットを披露。'15年には情報番組で“男性がそばにいても着替えられる”と
告白するなど脱清純派を目指しています。一方の菜々緒は、'13年初めごろ、西川貴教と破局してからエロ化が加速。'14年12月の海外ブランドの
ファッションショーでは、生乳首モロ見えのドレスで登場し、会場を騒然とさせました」(芸能プロ関係者)

 桐谷への“怨念”を募らせた菜々緒が、ガチヌードを仕掛け、桐谷も応戦する筋書きになるというわけだ。
 「菜々緒が出すとしたら最強武器とされる“超美脚”を売りにしたヌード写真集でしょう。桐谷も当然、菜々緒からの攻撃に気付いていますから、
初ヌードで迎撃することも想定される。全裸のダイナミックさでは菜々緒でしょうが、ヌードの衝撃性は桐谷の方が上。いい勝負になりそうです」(芸能プロ関係者)

http://images.wjn.jp/article/60/0710760-1-1.jpgno title

http://wjn.jp/article/detail/0710760/

【【芸能】菜々緒がインスタで“桐谷潰し”小顔バトルでまたも勃発した犬猿の仲】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/08/20(日) 15:51:52.01 ID:CAP_USER9
19日深夜放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、オードリーの若林正恭が、バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の終了を聞いた際の空気を明かした。

同番組は2014年10月に放送開始しており、半年後の2015年4月には、ゴールデン帯に進出していた。しかし、今年10月期の改編で終了することが明らかとなっている。

若林は最初から「しくじり先生」にレギュラー出演しており、この日の番組で、終了を知ったときのことを振り返った。

あるとき、総合演出の担当者がやってきて、「今回の改変で終わることになりまして。我々も力不足ですみませんでした」と頭を下げてきたとか。若林の方も自身の無力を詫びたという。そのときの場の雰囲気について、若林は「なかなかすごい空気なんですよ」「嫌な空気でもないんだけど、なんかシリアスなのよ」と表現していた。

同番組は特番で続く、とのことだが、若林は過去の類似例を持ち出して、まずやることはないだろうと推測していた。

2017年8月20日 14時10分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13496518/

【【ラジオ】若林正恭が「しくじり先生」打ち切りを告げられた瞬間「なかなかすごい空気」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/08/20(日) 15:42:19.36 ID:CAP_USER9
第99回全国高校野球選手権第12日(20日、甲子園)、
前日(19日)の大阪桐蔭(大阪)戦で走塁中に相手一塁手の足を蹴ってしまった仙台育英(宮城)の渡部夏史捕手(3年)が、
準々決勝・広陵戦(広島)のスタメンを外れた。
前夜、佐々木監督から言い渡されたといい、代わりに尾崎(3年)が先発マスクをかぶった。

理由について渡部は「監督から『大阪桐蔭に勝ったことで、本気で(優勝を)狙いにいける。
準決、決勝と連戦になる』と言われたので。桐蔭からも(優勝を)『頼む』と言われた」と休養のためであることを強調した。

7回に足を蹴ってしまった後、9回二死から大阪桐蔭の一塁手の足がベースを踏んでいなかったことで試合終了とならず、
直後に仙台育英がサヨナラ勝ちを決めた。

それだけに渡部の“足蹴り”はネットで炎上。

SNSを持っていたが「監督から『危ないからちょっとやめろ』と言われました」と閉鎖。
蹴った状況について聞かれると「それについてはあんまり…」と口を閉ざした。

仙台育英のムードメーカーで佐藤世那投手(現オリックス)の弟・佐藤令央(3年)は
「いろいろ騒ぎになってるらしいですけど、渡部も一生懸命にプレーした上でああなったわけで、別にわざとやったわけではないんで。

いろいろ書きたがる人はいるかもしれないけど、高校野球ではこういうことはあり得ることなので渡部を責めることはおかしい。
渡部は落ち込んでいる感じがあるので元気にさせて、チームのみんなで守っていこうと話している」という。

スタメンを外れたことについて渡部は「出たい気持ちはあるが、監督を信じています。
信じたからこそ昨日みたいな試合ができたので」と気丈に語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000006-tospoweb-baseno title


動画
http://i.imgur.com/zIC7BbS.gif
http://i.imgur.com/8AN41Lr.gif

関連スレ
【高校野球】3回戦 仙台育英2-1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く★16©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503208585/

【【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」】の続きを読む

このページのトップヘ