このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/06/25(日) 09:29:41.55
第9回AKB48選抜総選挙で20位になりながらも、突如結婚を宣言し賛否を巻き起こしたNMB48の須藤凜々花。事態はやや鎮静し
たかと思われていたが、昨日(2017年6月23日)あたりから過去に「大金注ぎ込むのは自己責任」などと発言した動画が出回
り始め、ネット上は再び炎上の気配を見せている。

・過去の動画が流出
今回流出した動画は、彼女が過去に「AKB48総選挙」について語った様子が収められたものだ。もちろん結婚の話などは一切
出てこないが、彼女の「AKB48総選挙」に対する当時の価値観が赤裸々に語られている。以下でポイントをまとめてみよう。

・総選挙はAKB48の代名詞
・「オタクに大金を使わすな」は大金を使った人が言って欲しい
・総選挙システムを批判する人は金を使わない人(と誰かが言っていた)
・自身がオタクだった時代は、投票したいから投票していただけ
・大金を使うかどうかは自己責任
・自分に見返りがないのに若い女性の夢に投資することはメチャクチャ愛
・なので大金を使うことは恥ずかしいことではない

もう1度繰り返すが、この動画は今回の件が発覚するよりもかなり以前に収録されたものであると推測される。つまり、現時
点で彼女が上述したような価値観を持っているかは定かではない。とはいえ、結婚発表の件とリンクする箇所が多いことは
事実であり、ネット上では様々な声が上がっている。

・ネットの声
「自分で言うなよ」
「普通に考えてクズだろ」
「まあこれでみんなの目も覚めるでしょう」
「結婚って見返り求めてんじゃないのか」
「他のメンバーも同じこと言ってるんだろうな~」
「愛とか言えば全て許しちゃう風潮やめにしよう」
「ペテン師と発言が一緒」
「さすがに自分勝手すぎでは」
「良い教祖様になれるよ」

過去の動画と知れ渡っていないためか、動画に対しては批判的な声の方が圧倒的に多い。また、この動画は現在、YouTubeで
閲覧が可能となっているが、動画が流出した経緯については不明である。
http://rocketnews24.com/2017/06/25/918194/

炎上中の動画
https://www.youtube.com/watch?v=pZqwmhI-xmY



NMB48須藤凜々花
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/a6/d14448c85856866e0c9efc0f4bcaf3a8.jpgno title


須藤凜々花 掟破りの結婚宣言…ファンの批判殺到「裏切られた」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/18/kiji/20170617s00041000376000c.html
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

【【NMB48】須藤凜々花 「大金使った人は自己責任」「自分に見返りが無いのに人の夢に投資する、それが愛です」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/06/25(日) 07:42:04.04 ID:CAP_USER9
 テレビの情報番組に欠かせない存在となっているのが、MCの脇を固める「コメンテーター」と呼ばれる人たち。彼らは、番組で取り上げられたニュースについて、それぞれの立場から自由にコメントをする役割を与えられている。

 そして昨今、このコメンテーター枠に芸人の姿が目立つようになってきている。各局の朝・昼の情報番組では、最低1人は芸人コメンテーターが配置されているというケースが目立つ。

 多くの情報番組では、取り上げられるトピック自体を詳しく紹介することに主眼が置かれているため、コメンテーターの言葉は副次的な役割を果たしているにすぎない。しかし、近年では、スタジオの専門家やタレントが積極的に意見を交わし合う『バイキング』、松本人志を中心にさまざまなコメンテーターがじっくり意見を述べる『ワイドナショー』のように、コメンテーターの発言が主軸となっているような番組も出てきている。これらの番組の中でも、コメンテーターには芸人の姿が目立っている。なぜ芸人コメンテーターがこんなに増えているのだろうか。

 そもそもコメンテーターとは何だろうか。テレビのコメンテーターには大きく分けて「専門家タイプ」と「門外漢タイプ」の2種類がいる。例えば、前者の典型は政治評論家や弁護士である。彼らは、政治、経済、法律などの自分の専門分野にかかわるニュースに関して、分かりやすく解説を加えることを求められている。ニュースでよく取り上げられるジャンルの話題について深い知識があるということが、彼らの売りになっている。

 一方、「門外漢タイプ」は、情報番組で生かせるような確固たる専門分野を持っているわけではない。専門があったとしても、それにまつわる話題が取り上げられることは少ない。それなのに、彼らはなぜ起用されるのかというと、彼らこそが「普通の視聴者」の代弁者だからだ。

 彼らに求められているのは、独自の切り口のある鋭い意見ではなく、視聴者目線の素朴な感想である。仮に、番組の進行役であるMCと、専門知識のあるスペシャリストしか存在しない番組があったとしたら、視聴者には敷居が高く感じられてしまうだろう。それを防ぐためには、あえて「門外漢タイプ」のコメンテーターを配置して、一般人の目線で率直な意見を述べてもらうのが好都合なのだ。

 ただ、実際にはこの役割をうまくこなすのはなかなか難しい。背伸びして知ったかぶりをしても嫌われるが、何も知らずに的外れなことばかり言っているとそれはそれでバカにされてしまう。かといって、専門家並みの核心を突いた発言をしたところで、「あなたにそれを求めているわけではない」と思われてしまうのがオチだ。

 だから、「門外漢タイプ」のコメンテーターには、「そこそこ気の利いた的確で面白いコメント」というのが求められている。この務めをしっかりと果たせる人はそれほど多くはない。そこで芸人コメンテーターの出番ということになる。

 そもそも芸人というのは、長年にわたって「人を笑わせる」という最も難しいミッションをこなしてきた実績がある。場の空気を読んで、的確なコメントをすることにかけては右に出る者はいない。また、そこにちょっとだけ笑える要素を付け加えて、その場を和やかな雰囲気にすることもできる。

 特に最近では、朝や昼の情報番組でも芸人がMCを務めていることも多く、バラエティ色の強い情報番組に対する視聴者の心理的な抵抗も薄れてきている。それが芸人コメンテーターの積極的な起用に拍車をかけているのだろう。

>>2以降に続きます

更新 2017/6/25 07:00
https://dot.asahi.com/dot/2017062300071.html

【【テレビ】増殖する芸人コメンテーターの中で松本人志が最強の理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/06/24(土) 23:30:18.57 ID:CAP_USER9
 9月8日をもってジャニーズ事務所を退社する元SMAPの香取慎吾(40)が24日、司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜、後11・05)に生出演し、退社発表を意識した意味深な発言で番組をスタートさせた。

 いつも通りにテレビ朝日屋上からオープニングをスタート。緑色のネクタイにジャケット姿の香取は、「16年目のスマステーション。今夜もですね、今まで通り、いつも以上にがんばります」と右手でガッツポーズを作り、普段よりも強い口調であいさつした。平常心をアピールしながらも、気合を入れて生放送に挑むことを宣言した。

 香取は元SMAP・稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)と共に退社することが19日に明るみになった。この日は退社発表後、初の生放送とあって、発言に注目が集まっている。香取ら3人は自身の口で退社報告をしていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000152-dal-ent

【【芸能】香取慎吾 「スマステ」強い口調で「頑張ります」宣言…右手でガッツポーズ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/06/25(日) 01:44:00.02 ID:CAP_USER9
6/25(日) 0:21配信

産経新聞
「欅坂」発煙筒の男「殺そうと思った」 握手会一時騒然

欅坂46の平手友梨奈さん=昨年4月17日、千葉市美浜区の幕張メッセ(小山理絵撮影)(写真:産経新聞)

 24日午後8時15分ごろ、千葉市美浜区の幕張メッセで行われていたアイドルグループ「欅坂46」の握手会会場で「発煙筒を投げこんだ男がいる」と消防署に通報があった。千葉県警千葉西署員らが駆けつけたところ、イベントスタッフに取り押さえられた男が果物ナイフを所持しており、同署は銃刀法違反の現行犯で男を逮捕した。

 逮捕されたのは自称札幌市白石区の無職、阿部凌平容疑者(24)。調べに容疑を認め、女性アイドル名を挙げて「殺そうと思った」などと供述しているという。阿部容疑者が挙げた名前について、同署は「言えない」としている。

 逮捕容疑は、24日午後7時45分ごろ、正当な理由なく、刃わたり12・6センチの果物ナイフ1本を所持していたとしている。

 発煙筒のようなものに点火している阿部容疑者に警備員が気づき、取り押さえた際にナイフ所持が判明した。メンバーの平手友梨奈さんと柿崎芽実さんのレーンに並んでいたという。会場内には煙が立ちこめ、一時騒然となったが、消防署などによると、スタッフが消火器ですぐ消し止め、負傷者はいない。

 関係者によると、イベント開始前には金属探知機や荷物の中をチェックする手荷物検査が行われていたが、同署は発煙筒や果物ナイフを持ち込んだ方法などについても調べる。

 握手会に参加していた大阪市のフリーターの男性(20)は「手荷物検査はスタッフがカバンの開けた口をちらりとみる程度だった」と話している。

 アイドルグループの握手会をめぐっては、平成26年5月に岩手県滝沢市で行われた「AKB48」の握手会で、メンバーらが男に刃物で切りつけられて負傷する事件が発生している。

 埼玉県越谷市の高校3年の男子生徒は「煙が上がって、スタッフが消火器で消していた」。静岡県の男性(19)は「『パン』と音がして煙が上がり、スタッフが『下がって』と声を上げていた」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000500-san-soci

【【芸能】欅坂46発煙筒の阿部容疑者「殺そうと思った」 握手会一時騒然】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/06/24(土) 21:01:18.59 ID:CAP_USER9
6月24日 20時49分

24日午後8時前、アイドルグループのイベントが行われていた千葉市美浜区の幕張メッセで「何者かが発煙筒に火をつけた」という通報が消防にあり、警察と消防が確認を進めています。

警察によりますと、会場にいた男が火のついた発煙筒を投げたと見られ、この男はすでに確保されているということです。これまでのところけが人は確認されていないということです。

アイドルグループ「欅坂46」のホームページによりますと、会場ではCD発売記念の握手会が開かれていたということです。
インターネットのツイッターには、大勢の参加者が列に分かれて並んでいる会場に白い煙が立ち上っている画像が複数、投稿されています。


ツイッターに投稿された画像には、屋内のフロアの床に赤い火のようなものが確認でき、白い煙があがっています。

また、白い帽子をかぶりマスクをつけた男1人が大勢の客がいる中で会場のイベント関係者と見られる男性2人に服などをつかまれ、連れて行かれる様子が写っています。

投稿には、「火事!生で見てしまった」とか、「さっきの火事の犯人かしら連行された」などと書かれています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170624/k10011029341000.html

【【芸能】アイドルグループ「欅坂46」のイベントで「何者かが発煙筒に火をつけた」と通報】の続きを読む

このページのトップヘ