このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/07/04(月) 16:12:34.03 ID:CAP_USER9
山口達也、自転車転倒で顔面負傷も「オシャレです」

 TOKIOの山口達也(44)が、4日生放送の日本テレビ系「ZIP!」に眼帯姿で出演。
自転車で転倒して負傷したことを明かした。

 番組のオープニングで桝太一アナウンサーは、眼帯を着け、顎には絆創膏を貼った姿の
山口に「ちょっと目をお怪我されましたか?」と尋ねたが、山口は「これはオシャレです」とトボけた。

 その後、「自転車で転びまして、顔から。ちょっと怪我をしまして」と明かすも、
「元気です」と笑顔でアピールした。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1673208.html

【【芸能】TOKIO山口達也(44)、眼帯姿で「ZIP!」出演 自転車転倒で顔面負傷】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/07/04(月) 15:28:49.15 ID:CAP_USER9
史上初となるAKB48選抜総選挙の2連覇を達成。
しかも、過去にない2位と圧倒的な差をつけたブッチギリでの1位、まさに、AKB48グループの中でも類を見ない人気を誇る指原。
総選挙楽曲となる『LOVE TRIP』も「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」(日本テレビ系)にて初披露され、大きな話題とSNSを中心に集めている。

女性アイドルとして頂点を極めたと言っても過言ではない指原、何がスゴイのか?

今回の総選挙で印象的だったのが、指原の連覇がわかった瞬間のHKT48メンバーたちの喜びようだ。
2位となった渡辺麻友の順位が呼ばれた時からHKT48陣営の席周辺は盛り上がり指原の名前が呼ばれた瞬間にHKT48メンバー全員が立ち上がりガッツポーズで自分のことのように祝福をした。
この中には、自分の順位に納得いっていなかったメンバーも多数いただろう。
というのも、指原の順位が発表された際に指原の周るにいたメンバーは、最後までランクインせずに名前を呼ばれなかったメンバーたちだ。
指原の名前が呼ばれた瞬間に自分が「圏外メンバー」となったことが決定した瞬間なわけだ。
それなのに、全員が指原のことを喜べる、それは指原がHKT48メンバーに尊敬され、慕われ、愛されているからだろう。

これだけ愛されるのは、ここまでHKT48の人気をあげ、しっかりとメンバーのことを考え運営へ意見をし、コンサートでもどうしたらすべてのメンバーがファンに見てもらえるか、忙しい合間を縫ってしっかりと考えている姿をメンバーは知っているからだ。
リーダーシップという部分では、なかなかメディアでは見えづらい部分が多いが、高橋みなみ以上とも言われているほど。
HKT48メンバーが指原莉乃へ寄せる想いは、どこのグループにもない特別なものになっている。
指原の凄さは、このプロデュース能力、そしてリーダーシップにある。

また、指原の「アイドル力」の高さも見逃しがちだが非常に高い。
テレビメディアなどでは度々「ブサイクキャラ」でイジられることは多いが、
スタイルはAKB48グループでも一二を争う程良く、実際に美脚では指原が「AKB48グループで一番」という声も聞こえる。
顔で言えば、美容整形の専門家も欠点が殆どないというほどに、ゴシップメディアや心ないファンが「ブス」と罵るようなメンバーではないと言える。

そしてAKB48加入前に黄金期のハロー!プロジェクトオタクとしても有名だった彼女は、アイドルとは何か?ということを、AKB48ではなくハロプロからしっかりと学んでいる。
ファンの立場から感じていたことを、AKB48で、そしてHKT48で本格的に実践。
彼女の中にはハロプロが培ってきたアイドルとしての歴史もしっかりとインプットされている。
その上でAKB48の先輩から学んでいるわけで、アイドルとしての知識は桁外れに高い。
総合的に考えると、指原はアイドルとしての能力がAKB48グループでも驚くほどに高い存在なのだ。

また、指原の凄さは、HKT48メンバーのプロデュースだけでなく、セルフプロデュース力も高いことだ。
民放、ネットメディアにこれだけ毎日のように登場しても、未だに自分がどう映っているか?どう必要とされているかを常に微調整している。
進化を止めない飽くなき勉強精神は、そこで学んだことをHKT48メンバーに反映でき、良い循環がずっと続くようになっている。

指原は何がスゴイのか?

アイドルとしては異例なほど「アイドルに関する知識」を持ち、惜しげも無く後輩たちに知識を伝授できるほど懐が深い。
そして、アイドルとしてダンス、歌唱をしっかりとパフォーマンスでき、
なおかつバラエティなど自分の出演するメディアによって柔軟にキャラクターを変えることができる地頭の良さがある。

指原莉乃は時代と共に変化していける柔軟さを持っていることで日々進化を続けている。
アイドル史の中でも特殊な存在といえる指原、これからも彼女の動きに皆が注目していくだろう。

http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_95766/?p=1

HKT48指原莉乃
http://pbs.twimg.com/media/CmZ-79VUsAAV5JR.jpg:orig#.jpgno title

https://pbs.twimg.com/media/CcrgjNaUcAAMu8U.jpgno title

https://pbs.twimg.com/media/CmXMFlkUIAAqelq.jpgno title

【【HKT48】指原莉乃は何がスゴイのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/07/04(月) 18:42:03.76 ID:CAP_USER9
7月1日、バラエティ番組「アメトーーク!&金曜★ロンドンハーツ 姉妹番組3時間SP!!」(テレビ朝日系)が放送された。

今回は2つの番組が前半と後半に分かれ、「アメトーーク!」パートでは、
FUJIWARA藤本敏史とアンタッチャブル山崎弘也が芸人のネタをアレンジする「パクリたい-1グランプリ」が、
そして「ロンドンハーツ」パートでは、有名人に様々なドッキリを仕掛けていく「輝く!日本ドッキリスター大賞2」がそれぞれ放送された。

「アメトーーク!」スペシャルといえば、かつては最新電化製品を紹介する「家電芸人」や、人気マンガについて語り合う「ドラゴンボール芸人」などが好評を博していた。
しかし昨今は、「パクリたい-1グランプリ」「ビビり-1グランプリ」「運動神経悪い芸人」など、企画がパターン化しているため、視聴者からは「マンネリ」との声が殺到している。

また今回の「ロンハー」が行ったドッキリ企画にも、辛辣な意見が続出したという。

「ドッキリの中で、エステでリラックスしている状態のまま突然、90度の角度でベッドが勢いよく跳ね上がる『ロケットベッド』という企画が放送されました。
芸能人はそのまま顔面から地面の粉に叩きつけられるのですが、タレントの祥子などは受身を取れない状態のまま激突し、ヒヤっとするシーンもありました。
そのため視聴者からは『首が危険すぎる』『半身不随の事故が起こる前にやめたほうがいい』
『なんでバラエティ観てヒヤヒヤしなきゃいけないの?』と企画に対し厳しい声が殺到したのです」(テレビ誌記者)

ドッキリといえば、最近もとんねるずの番組で平成ノブシコブシの吉村崇が、イスのひっくり返るドッキリが危険すぎるとネットが炎上した。
今回も事故を想像させる危険なドッキリだったため素直に楽しめないという視聴者が多かったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1157078/
2016.07.04 17:59 アサ芸プラス

【【テレビ】あの女性タレントが顔から地面に直撃!「ロンハー」ドッキリであわや半身不随事故】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/07/04(月) 18:29:00.15 ID:CAP_USER9
7月3日、スポーツバラエティ番組「SASUKE2016」(TBS系)が放送された。同番組は今年で32回目の放送となるが、
今回、内容に関して視聴者から不満の声が続出した。

「1stステージの後半、前日に降った雨の影響と温度差により結露が発生し、手足を滑らせる選手が続出しました。
そのため、外国人選手が続行の危険性を指摘し、運営側は収録の中止を決定。
競技は翌日に持ち越されたのですが、それまで挑戦した選手にはやり直しの機会が与えられないままの進行となりました。
さらに翌日は天候がさらに悪化し、雨が降っていたにもかかわらず、収録が強行され、
またしても選手たちは体を滑らせ、全員3rdステージで敗退。番組はそのまま終了となりました」(テレビ誌記者)

これらの消化不良な展開に放送後、視聴者からは「史上最低のSASUKEだ!」
「長年やっていてなぜ雨天対策をしていないの?」「1年頑張ってきた選手たちにこの仕打ちは酷すぎる!」と批判が殺到した。

また、ある参加者の活躍が不自然に全カットされていたことに関しても、視聴者から疑問の声が噴出しているという。

「今回、パルクール指導員の佐藤惇が3rdステージまで進出し、日本人選手としては最高成績を残しました。
それにもかかわらず、放送ではすべての競技がダイジェストに編集されていたのです。カットされた多くの選手について制作側は、尺の関係だと説明していますが、
公式ツイッターには納得のいかない視聴者から『なぜ活躍した佐藤さんをカットしたのか』と編集に関する苦情も殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

1997年に初めて放送され、今では世界的な人気を誇る「SASUKE」。
それほど注目を浴びる番組なだけに、今回の制作体制に疑問を感じる視聴者が多かったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1157082/
2016.07.04 17:58 アサ芸プラス

【【テレビ】「史上最低のSASUKE」TBSの不手際運営に選手、視聴者から苦情殺到】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/07/04(月) 20:04:45.46 ID:CAP_USER9
2016-07-04 19:17

・トレーニング後のすっぴんを披露した広瀬すず(左)&西内まりや [aya_fitness]
http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/sh0.08/e35/p750x750/13573578_1125196107538599_774524406_n.jpgno title



モデルで女優の広瀬すずと歌手で女優の西内まりやの、可愛すぎるすっぴん姿が3日、
クロスフィットジムトレーナー・AyaのInstagramにて公開され、ファンから続々と反響が寄せられている。

クロスフィットとは、日常動作を中心に懸垂やスクワットなど毎回異なったトレーニングを高い強度で行う、
欧米で人気のトレーニング。Ayaは中村アンら人気モデルを鍛えたカリスマトレーナーで、
「今日はこの子達のパーソナル」と広瀬と西内の2ショットを投稿した。

「『きつい~』って悲鳴上げながらでも最後までやり遂げた後の2人の達成感のこの表情」と
トレーニング後で汗だくになりながらもキラキラと輝かしい笑顔を浮かべる2人を称賛。
「#トレーニングは裏切らない #美しさは自分で作るもの」とハッシュタグで名言をつづった。

◆可愛すぎる2人のすっぴんに反響殺到

西内は、昨年8月に専属モデルを務めていた雑誌「Seventeen」から卒業。
広瀬は今もなお同誌で専属モデルとして活躍しており、2人は先輩後輩の間柄。
多方面で活躍する美女コンビの2ショットに「え!すずちゃんとまりやちゃんとか私得すぎて」
「すっぴんも可愛すぎる~!」「2人とも可愛いなぁ」「すずちゃんにまりやちゃん!神コンビです」など
ファンからは歓喜の声が多数寄せられている。(modelpress編集部)


http://mdpr.jp/photo/images/2016/04/17/w600c-e_2062698.jpgno title

http://mdpr.jp/photo/images/2016/06/05/w600c-e_2114033.jpgno title

http://mdpr.jp/news/detail/1595935

【【芸能】広瀬すず&西内まりや、汗だくなすっぴんを披露「2人とも可愛い」「神コンビ」と反響】の続きを読む

このページのトップヘ