このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/06/01(水) 20:13:25.05 ID:CAP_USER9
地元住人も警察関係者も首をかしげている!? 
北海道南部・七飯町で小学2年生田野岡大和くん(7)が“しつけ”のため置き去りにされた5分の間に行方不明となって、1日で5日目を迎えた。
前日の5月31日には、両親からの要望で大和くんを降ろした車の進行方向とは異なる、
北西に広がる駒ケ岳の裾野にも範囲を広げ捜索したが、遺留品などの手がかりは見つからなかった。代わりに出てきたのは新たなナゾだった――。
31日は悪天候のため、夕刻で打ち切られた捜索活動。道警は1日、約120人態勢で再開した。
七飯町は北海道を通じて陸上自衛隊にも支援を求めた。
大和くんの置き去り現場に続く林道は、普通車2台がやっと行き交えるほどの道幅で、両脇には原生林がうっそうと茂り、地面に影を落とす。 置き去りにしたとされる午後5時から1時間もたてば辺りは外灯一つなく真っ暗で、野生のキツネの姿も。
当然ながら防犯カメラ映像などの客観証拠はなく、家族の記憶だけが大和くんの行方を知る手がかりだ。
31日はもともと行方不明になった“現場”から約15キロ四方に範囲を広げ捜索する予定だったが、
30日夜に両親からの「山の上の方を重点的に捜してほしい」という要請を受けて、警察や消防など115人態勢で砂防ダム沿いの林道などを捜索した。
だが、遺留品や足跡は発見できなかった。
「置き去り現場から林の中に10メートルでも入ると、崖になっていて、下に沢があり、非常に危険。
しかも子供の背丈では、その姿が隠れてしまう高さの草木が生い茂っている。子供が迷い込んだら前も足元も見えない」と地元関係者。
両親は当初、山菜採りの途中ではぐれたと説明したが、車に山菜が一つもないことを指摘されると
「人や車に石を投げつけたのでしつけのために車から降ろした。5分後に戻った時には姿がなかった」と発言を変えている。
着ていた衣服も「Tシャツにジーパン」が途中から「紺色のジャージー」に変わった。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/547570/

前スレ(1が立った日時:2016/06/01(水) 17:54:07.25)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464774292/

【【男児置き去り】 警察犬なぜか無反応 新たなナゾ呼ぶ 「嗅覚」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/06/01(水) 19:34:18.21 ID:CAP_USER9
布袋寅泰 氷室京介引退ライブ見ていた「心震え、感動しました」

スポニチアネックス 6月1日(水)19時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000146-spnannex-ent

 ギタリストの布袋寅泰(54)が1日、自身のブログを更新、5月23日に行われた、
両耳の深刻な難聴を理由にライブ活動からの引退を宣言していたロック歌手の氷室京介(55)の最後の公演「氷室京介 LAST GIGS」を見に行っていたことを報告した。

 布袋はブログ内で「耳の不調と戦いながら、35曲をフルパワーで歌いきったボーカリスト魂、
最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました」とつづり、「ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、
コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています」と改めてエールを送った。

 また「貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、ギタリストとして最大の喜びであり誇りです」とBOφWY時代を回想し、
「ありがとう。そしてお疲れ様でした」と氷室をねぎらった。

 BOφWY時代にともにステージを盛り上げていた二人だが、長年の確執を理由にBOφWYの解散以降は両者がステージ上で交わることがなかった。
氷室が引退を口にした直後、布袋は「せめて1曲だけでもギターを隣で弾かせてほしい」とブログで訴えていただけに
「氷室京介 LAST GIGS」への反応に注目が集まっていた。

【布袋寅泰 氷室京介引退ライブ見ていた「心震え、感動しました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/06/01(水) 18:28:09.25 ID:CAP_USER9
能年玲奈母が独占告白「引退、洗脳報道はウソです」
2016.06.01 16:00

先週、“芸能界引退”や女性演技指導講師Aさんによる“洗脳”が相次いで報じられた女優の能年玲奈(22)の母が、
週刊文春の取材に応じた。能年を巡っては、「週刊女性」6月7日号が<事実上芸能界を引退へ>と報じ、
スポーツ紙、テレビのワイドショーがいっせいに追随した。中でもフジテレビの「直撃LIVEグッディ!」や
「とくダネ!」では、「週刊女性」の記者を登場させ、次のような“爆弾証言”が紹介された。

<能年さんの親も娘さんのことを心配して、「大丈夫なのか」と。「(Aさんと)本当に一緒にいていいのか」
みたいなことを説得したようなんですけども、彼女としては親の言うことも聞かないというか、
そういうことにも耳を貸さず、現在も一緒に演出家の女性(Aさん)と生活しているって感じですね>

能年の母は、本誌の取材にこう語った。

――能年さんはご両親の言うことを聞かない状態なんですか?

「まったく違います。テレビで変だと思ったのは、玲奈が親の反対にも耳を傾けないで女性演出家(Aさん)と
一緒にいるとかいう話。反対どころか『全然。大賛成やけど』って思いながら見ていました」

――何が事実と異なりますか?

「そもそも『週刊女性』の人から今回取材は受けていないですし、どうしてこんなことを言われるのか、
分からないですね。現に玲奈とはちゃんと連絡が取れています」

――洗脳については?

「はっきりウソです。高校生の頃から演技指導をしてもらっていたAさんには東京で本当に
お世話になっているんです。感謝してもしきれません」

能年は、6月末で所属事務所との契約が切れる予定だ。

週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6207

演技指導講師はテレビ局をBPO提訴へ
能年玲奈母独占告白「引退も洗脳もウソ“報道リンチ”酷すぎます」
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6201
http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/f/8/1000/img_f8b722759cda2cd6f379befa8f211323380977.jpgno title



★1が立った時間:2016/06/01(水) 16:04:24.02
前スレ http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1464764664/

【【週刊文春】能年玲奈の母が独占告白「引退、洗脳報道はウソです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
: 2016/06/01(水) 16:24:42.35 ID:SiPXtIyS0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
環境省の特定外来生物に指定されているウチダザリガニが県内で初めて、那須塩原市内の那珂川などで確認され、県と市などは31日、生息が確認された同市鳥野目の鳥野目河川公園の水路で駆除作業を行った。
約500メートルを網などで捜索、約30分で約300匹を捕獲した。

ウチダザリガニは北米原産の大型ザリガニで、体長約15センチ以上に成長する。
1926年に食用として北海道に導入された。ペットとしても普及したが、国内固有種のニホンザリガニと生息域が競合。
エビや水草などの食害も深刻なことから2006年、特定外来生物に指定された。

同市動植物調査研究会などが今年3月1日、同公園内で初めて生息を確認。体長3・8~12センチの8匹が見つかった。
4月には近くの那珂川でも確認された。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160601/2343046
http://www.shimotsuke.co.jp/~/media/NEWS/201606/20160601/CNTS2016053101791_image2.jpgno title

http://www.shimotsuke.co.jp/~/media/NEWS/201606/20160601/CNTS2016053101789_image2.jpgno title

【ウチダザリガニ、トチギーで初確認 大量増殖中の模様】の続きを読む

このページのトップヘ