このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/03/25(土) 20:18:02.44 ID:CAP_USER9
 4月にニューヨーク移住を発表している、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(39)が25日放送のフジテレビ系「超ハマる!爆笑キャラパレード」(土曜・後7時)に出演し、まさかの英語力の低さにスタジオがどよめきと笑いに包まれた。

 綾部は関根勤(63)、陣内智則(43)とのネタを終えると、陣内に「英語はちゃんと勉強してるの? 英語のランクはどこまで行ったの?」と問われると、「ちょこちょこやってます。今はSeptemberとかそのへん覚えています」と打ち明けた。まさかの英語力に陣内が「9月かいな! 9月覚えてたんかいな」と鋭いツッコミで笑いを誘った。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
スポーツ報知 3/25(土) 20:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000182-sph-ent

【【テレビ】4月渡米の綾部、「今はSeptemberとかそのへん覚えています」英語力の低さを露呈】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/03/25(土) 21:57:35.88 ID:CAP_USER
24日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、
韓国の女性アイドルグループ・KARAのメンバーだった知英(ジヨン)が、日本で芸能活動する苦悩を語った。

番組では、知英がゲストとして登場。知英はKARA脱退後、2年半前に日本で女優活動をスタートした。
理由は「日本の作品がすごく好きだった」から。

現在では、言葉の壁を乗り越え、連続ドラマで日本人役に抜擢されるなど、活躍している。

しかし知英は、ここまでの道のりを「自分が思ったより簡単なことじゃなかった」と回想。
「日本語のセリフひとつでも、イントネーションひとつ直すのも、すごく大変」と、夢と現実のギャップに苦しんだという。

さらに、知英は「自分で言うのも嫌なんですけど、日本側と韓国側両方(から批判が)あったんですよね」と明かしたのだ。

日本では、人気のあるキャラクター役を演じる際に「なんで韓国人がやらなきゃいけないんだ」「なんで、この人なのか?」といった批判があり、
「私じゃダメなのかな?」と思ったそう。また、韓国からは「なんで、日本で活動しようとするんだ?」との声があり、

日韓を取り巻く環境に翻弄され、「やっぱりダメなのかな…」と、ホームシックになったこともあったそうだ

2017年3月25日 17時30分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12846657/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/9/8/98edc2b9e26c05c8f5491871865c2ad9.pngno title

【【テレビ】<元KARA・知英(ジヨン)>日本で芸能活動する苦悩を告白「日韓両方から批判」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/03/25(土) 21:03:48.87 ID:CAP_USER9
自身のツイッターで、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。
後者が支配する地上波テレビはオワコン」と発言し、お笑い芸人やテレビ業界を批判した脳科学者の茂木健一郎氏。
このつぶやきは大きな騒動に発展したが、茂木氏の意見に大御所芸能人たちが続々と反論した。

 まず、7日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、爆笑問題の太田光が「うるせえよ、バカ」と茂木氏の指摘に反論。
相方の田中裕二も「オワコンとか言ってんじゃねえよ」と茂木氏の発言に噛み付いた。

 そして、お笑い界の頂点に君臨するダウンタウンの松本人志は、19日放送のフジテレビ「ワイドナショー」で、「全然腹が立たなかった」と冷静にコメント。
「茂木さんが全然面白くないからなのよね」と理由を説明し、「笑いのセンスが全くないから。この人に言われても刺さらねえぜって感じになる」と眼中にないことを語った。

 さらに、22日放送のフジテレビ「バイキング」では、茂木氏がVTR出演し、「特定の芸人さんを批判しているわけではない」などと発言の真意を説明したが、
スタジオにいる大物俳優・梅沢富美男からは「この人、本当に脳科学者なのかよ」と呆れられ、おぎやはぎの矢作兼からも「テレビ界で通用しなかったから、
悪口言ってるんでしょ」とバカにされてしまった。

http://npn.co.jp/article/detail/27468333/

【【芸能】各方面からフルボッコの茂木健一郎】の続きを読む

このページのトップヘ