このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/24(月) 15:10:25.35 ID:CAP_USER9
 日本テレビは24日、東京・汐留の同局で定例会見を行い、「24時間テレビ40 愛は地球を救う」
(8月26~27日)のマラソンランナーが発表されていない理由について言及。福田博之編成局長は
「マラソンはやります!色々考えてますので、色んな番組を通じて発表していきます」と語った。

 大久保好男社長は「今年で40回の節目。担当者を中心にこれまでにない斬新な企画で盛り上がるような
24時間テレビにしてくれると思う」と期待を寄せた。

 今年はメインパーソナリティーを嵐の櫻井翔(35)、KAT―TUNの亀梨和也(31)、
NEWSの小山慶一郎(33)、女優の石原さとみ(30)が務める。そして同局「行列のできる法律相談所」
(日曜後9・00)の番組MCを担当している東野幸治(49)、宮迫博之(47)、後藤輝基(43)、
渡部建(44)の4人がスペシャルサポーターを務めることも発表されている。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000118-spnannex-ent

【【テレビ】日テレ 24時間マラソン「やります」ランナー未発表の理由は…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/24(月) 12:01:10.09 ID:CAP_USER9
YouTuberのヒカルが23日、TBS系情報番組『アッコにおまかせ!』(毎週日曜あさ11:45~)にVTR出演。
収入を明かした。

チャンネル登録者数が220万人、総動画再生回数8億回というトップYouTuberのヒカル。

これまでの収入について「今まで(4年間)のYouTubeでのトータルはおそらく3億円ぐらい。今年はおそらくこのままいけば、3億~5億ぐらいは稼げるのではないか」と明かした。
さらに「やっぱりYouTubeがまだメジャーになる前に始めた、という先行者利益みたいなものがあったり、ほかと違うことを続けてきたこともあると思います。あとはYouTubeが今バブルというのもある。明らかに稼げてしまう職業というか、労力以上に稼げる時期というのもある」と理由を分析。
VTRを見ていたスタジオからは驚きの声が上がっていた。

番組でかかった費用は?

「山手線1周 タクシーと電車ではどちらが早いか」「自販機はいくら使えば売り切れるのか」など世の中に溢れる疑問やリスナーからの要望に応えるものが多いヒカルの動画。
大金を使うものも多く、これまでに検証で使用した金額は5000万円にのぼるそうだ。

http://mdpr.jp/news/detail/1702517

YouTuberヒカル
http://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s1080x1080/e15/fr/17882977_1514987718545869_8145086201880117248_n.jpgno title

【【YouTuber】人気YouTuberヒカル、収入を告白「おそらく3億円」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/24(月) 12:22:26.37 ID:CAP_USER9
23日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、上西小百合衆議院議員がテレビスタッフや共演者たちから嫌われ「総スカン」を食らっていると暴露した。

番組では、「浦和レッズ、サポーターに向け異例の声明発表」と題して、上西議員のツイートを発端とする一連の騒動を取り上げた。浦和レッズは上西議員のツイートに対し冷静に対応するよう、サポーターに異例の呼びかけを行ったとのこと。

土田はリスナーに対して「相手にしちゃダメですよ」と諭しつつ、テレビは視聴率欲しさにインタビューに行くが、上西議員をスタジオに呼ばないと指摘する。理由は「あの人、討論とかできない」「自分の意見言うだけで、会話のキャッチボールができない」からだと説明する。

さらに土田は、今後上西議員が失職しても「テレビにも呼ばれない」と推測する。なぜなら「どっこのスタッフからも総スカン」「スタッフも出演者も、みんなこの人のこと嫌いだから」と暴露したのだ。

最後に土田は「みんなアレだよ、気をつけて」と再度呼びかけ、サポーターの大切さは選手もわかっていると語り、この話題を締めくくっていた。

2017年7月24日 10時53分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13378034/

【【ラジオ】<土田晃之が日曜のへそで暴露!> 上西小百合議員は「どこのスタッフ、出演者からも総スカン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/24(月) 06:12:59.87 ID:CAP_USER9
2017/07/24 03:12

米ビルボード誌が「最も偉大なガール・グループ・ソング TOP100」を発表。
1950年代後半から2017年まで、オール女性ヴォーカル・グループの楽曲を厳選


1. The Ronettes, “Be My Baby” (1963)
2. TLC, “Creep” (1994)
3. The Shirelles, “Will You Love Me Tomorrow?” (1961)
4. The Supremes, “Where Did Our Love Go?” (1964)
5. Spice Girls, “Wannabe” (1996)
6. En Vogue, “My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)” (1992)
7. Destiny’s Child, “Say My Name” (1999)
8. The Crystals, “Then He Kissed Me” (1963)
9. The Shangri-Las, “Leader of the Pack” (1964)
10. The Emotions, “Best of My Love” (1977)

11. TLC, “Waterfalls” (1995)
12. Martha and the Vandellas, “Heat Wave” (1963)
13. Bananarama, “Cruel Summer” (1983)
14. Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign, “Work From Home” (2016)
15. Wilson Phillips, “Hold On” (1990)
16. Labelle, “Lady Marmalade” (1974)
17. SWV, “Right Here” (Human Nature Remix) (1992)
18. The Pipettes, “Pull Shapes” (2006)
19. The Supremes, “You Can’t Hurry Love” (1966)
20. Sister Sledge, “We Are Family” (1979)

21. Girls’ Generation, “I Got a Boy” (2012)
22. The Marvelettes, “Please Mr. Postman” (1961)
23. The Pointer Sisters, “I’m So Excited” (1982)
24. The Angels, “My Boyfriend’s Back” (1963)
25. Spice Girls, “Say You’ll Be There” (1997)
26. The Shangri-Las, “Remember (Walking in the Sand)” (1964)
27. The Chiffons, “One Fine Day” (1963)
28. Total feat. The Notorious B.I.G., “Can’t You See” (1995)
29. Martha and the Vandellas, “Dancing in the Street” (1964)
30. The Pussycat Dolls, “Don’t Cha” (2005)

31. The Crystals, “He’s a Rebel” (1962)
32. Girls Aloud, “Biology” (2005)
33. Dixie Cups, “Chapel of Love” (1964)
34. Little Mix, “Black Magic” (2015)
35. The Tammys, “Egyptian Shumba” (1964)
36. Dream, “He Loves U Not” (2000)
37. Vanity 6, “Nasty Girl” (1982)
38. The Supremes, “Stop! In the Name of Love” (1964)
39. Danity Kane, “Damaged” (2008)
40. Destiny’s Child, “Survivor” (2001)

>>2以降につづく)

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.billboard.com/articles/columns/pop/7857816/100-greatest-girl-group-songs


http://amass.jp/91868/

【【音楽】米ビルボード誌が「最も偉大なガール・グループ・ソング TOP100」を発表】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/23(日) 20:33:04.01 ID:CAP_USER9
「1000年に一度の美少女」として今飛ぶ鳥を落とす勢いの女優・橋本環奈(18)。透明感のあるルックスながら、最近では色気も兼ね備えており、今後の成長が楽しみな女優だ。 その美しさから「キスしたい」

「1000年に一度の美少女」として今飛ぶ鳥を落とす勢いの女優・橋本環奈(18)。透明感のあるルックスながら、最近では色気も兼ね備えており、今後の成長が楽しみな女優だ。

その美しさから「キスしたい」と感じる男性もいるだろう。中には「○○円までなら出す」と考える人まで。

しらべぇ編集部が全国20~60代の橋本環奈を知っている男性410名に「橋本環奈とキスできるならいくらまで出せるか」について調査した。

■半数近くが「キスしたい」

半数が「出せない・したくない」と回答。橋本といえど、お金を出してまでキスをするのはちょっと…ということだろうか。

「出せる」と回答した男性のうち、「1,000円」という金額がおよそ2割に。ほんの気持ち程度という金額だが、「記念にキスしてもいいかも」という気持ちだろう。

また、「1万円」と答えたのも2割弱という結果に。決して安い金額ではないが、これまで橋本を応援してきたファンにとっては安い金額なのかも。

「10万円」は6.6%と1割未満に。橋本の美貌は確かだが、やはり10万円という金額はネックなのだろう。

そして「いくらでも」という太っ腹な男性は4.6%。「100万円」の2.2%よりもやや多い結果に。

2017.07.23 17:00 ニュースポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20170723_597894.html

【【芸能】<橋本環奈とキスできるならいくら出せる?>男たちの生々しい欲望!「いくらでも」という太っ腹な男性は4.6%】の続きを読む

このページのトップヘ