このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/04/24(月) 18:49:33.33 ID:CAP_USER9
 杏里には2歳年上の兄がいる。芸能界から距離を置いてきた彼が、妹の事件について口を開いた。

「幼い頃から甘やかされてワガママに育ってしまった杏里は、自分がこうだと思ったら誰の意見も聞かず、深く考えずに行動してしまいます。
芸能界デビュー直後、業界に慣れず苦しんでいたので、“芸能界なんて辞めなよ”と助言したことがありました。けれど華やかな世界が好きな杏里は、“絶対に辞めない”と頑なだった。

 AVデビューの時も何一つ相談がなかった。カネについても家族には何も言わない。全部自分の思うようになると思っているから、今回のような事件を起こしたのでしょう」

 母親が亡くなるまでは、継父のプロゴルファー尾崎健夫と3人でテレビ出演することもあり、仲睦まじい様子が窺えたが、最近は尾崎との連絡も途絶えていたという。兄が続ける。

「僕もそうだけど、杏里も父とは連絡を取っていないようです。僕ら兄妹は30歳前の大人ですから、親に頼ってばかりもいられない。やってしまったことは仕方がない。
杏里はこの恐喝から何かを学んで人生に活かしてほしいです」

http://news.livedoor.com/article/detail/12978001/

関連スレ
【芸能】借金40億円を完済 坂口杏里の母・良子さんのたくましさ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493004893

【【芸能】坂口杏里の兄「何かを学んで人生に活かしてほしい」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/04/24(月) 18:40:59.26 ID:CAP_USER9
まだオカルト番組が全盛だった頃、よく取り上げられていたネタの一つに「かぐや姫・解散コンサートの不気味な声」というものがあります。

これは、フォークグループ・かぐや姫が行った解散コンサートの音源に、会場の拍手と紛れて「ワタシニモキカセテ…」という、女性のうめき声のようなノイズが入り込んでいた怪現象。
以降、「コンサートへ行けずに亡くなった少女の声ではないか?」などの尾ひれがつき、「恐怖の音源」としてテレビで度々流されてきました。

コンサートで起こった怪現象という意味で、これとよく似た話が大塚愛の楽曲『プラネタリウム』にまつわる都市伝説です。

怖すぎる大塚愛の都市伝説…その全貌は?

『ミュージックステーション』のADが総集編の編集目的で、大塚愛出演回の映像をチェックしていたときのこと。
Mステの観覧席というのは、番組の決まりで女性しか座れないのですが、なぜかその回だけ、観客席の一番端に男性らしき客が一人、座っていました。
オープニングトークから男はずっと俯いており、顔が見えません。

番組は進み、大塚愛の出番に。タモリの呼びかけで大塚愛のトークが始まった後も、男は下を向いたまま。一通り話しが終わると大塚は移動し、『プラネタリウム』を披露します。
歌唱終了と共に、万雷の拍手を送る観客たち。しかしそこでADは、一人だけ明らかに周りと違う動きをしている客を見つけました。あの男です。
拡大した状態で見てみると、男は鬼のような形相を浮かべながら、物凄い早さで手の甲を叩いていたのでした……。

物的証拠なし……かなり疑わしいエピソード
なんとも恐ろしい話……。なのですが、このMステの映像や画像は、ネットや書籍などを探しても見つからないのです。

物的証拠がない以上、かなりまゆつばな話なのですが、それでもなお、この『プラネタリウム』にまつわるエピソードが語り継がれているのは、話自体に人を引き込む魅力があるからに他なりません。
これからも私たちは、こうしたデマだと分かりきった、実体のない都市伝説に都市伝説に魅了され続けていくのでしょう。

http://www.excite.co.jp/News/90s/20170423/E1491534764793.html

【【芸能】大流行した大塚愛の怖すぎる都市伝説……その真相は?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/04/24(月) 18:27:54.03 ID:CAP_USER9
落語家・林家正蔵と林家三平の姉で、歌手の泰葉(56)が24日、ブログで元夫の落語家・春風亭小朝を「告発」。
2001年に亡くなった人気落語家・桂三木助さん(享年43)について「自殺は小朝のいじめによるものでした」などと過激な書き込みをした。

 泰葉は07年11月に小朝と離婚。08年9月にはブログで小朝を「金髪豚野郎」などと罵倒(ばとう)するなど暴言を連発し、
騒動に。同年10月26日には音楽イベントへの出演をドタキャンした上、マスコミ各社にファクスを送り「小朝と戦う。
絶対に許さない」と一方的に宣言。2日後には小朝に数百通の脅迫メールを送っていたことをマスコミあてのファクスで告白し、
母・海老名香葉子さんが騒動についての謝罪文を発表する事態に。3日後の10月29日には「(今後は)小朝に
一切メールをしない」などと一方的に終結を宣言していた。

 その後、「双極性障害」によるうつ病を公表した。

 23日深夜(24日未明)に更新したブログで、「私の双極性障害の原因はこの虐待(※小朝からの虐待)によるものでした」と告発。
「私も悪いのです 階段から突き落とされ肋骨にヒビが入る怪我をしたり 生命の危険を感じる暴行を加えられた時に
通報する勇気があればよかったのです」と書き込んでいた。

 24日夕に「告発2」のタイトルで更新したブログでは「春風亭小朝に被害を受けたのは私だけではありませんでした」と切り出し、
「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」とつづった。

 さらにブログでは「命まで奪った小朝は心から三木助に謝罪してほしいと思います そして私も謝ります 
三木助 ごめんね 助けてあげられなくて」などと記述している。

デイリースポーツ 4/24(月) 18:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000095-dal-ent

【【落語】「故四代目桂三木助の自殺は春風亭小朝のいじめによるものでした」 歌手の泰葉がブログを更新 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/04/24(月) 16:56:32.65 ID:CAP_USER9
政界と同様、昨今の芸能界は二世ばやり。お笑い界からも地盤看板を受け継いだ二世タレントが次々に生まれている。
古くは明石家さんまの娘IMALU、関根勤の娘・関根麻里、最近ではますだおかだの岡田圭右の娘・岡田結実がテレビに引っ張りダコだ。
岡田結実は幼少の頃からジュニアモデルとして活躍。
当時から父親からは想像できないほどかわいいと評判になっていた。

そんななか、にわかに注目を集めているのがさまぁ~ず三村マサカズの娘。
一般の女子大生ながら、
ネットでは「『さまぁ~ず三村の娘』がセクシーすぎる件」というまとめサイトまでできている。エンタメ誌ライターが言う。

「三村さんはちょくちょく子供たちの写真をツイッターに上げていたんです。
2年前に旅館で娘さんの浴衣姿をアップしたときは、『高3でこの色気!?』
『絶対綺麗だよなぁ』と盛り上がりました。
この写真はサザンオールスターズのアルバム『葡萄』のジャケ写にある、横座りしている浴衣の女性の後ろ姿のポーズを真似たものですが『髪を上げた感じや、
体重を寄せて体を流した感じが本当に色っぽいですね』と絶賛されていました」

もちろんツイッターの画像の顔は隠されているが、実物もかわいいというのは三村の自宅の近隣住民だ。

「近所の量販店でアルバイトしていましたが、キレイな普通のお嬢さん。お父さんと違って肌がとても白くて透き通るようでね。気立てもいいし、若いのに接客も上手ですよ。
三村さんはテレビでセクハラ大王なんて言われてるそうですが、しっかり子育てしてるんだなあと感心しましたよ」

それほどの逸材ならば、デビューが待ち遠しい。売れっ子の三村の娘ならばすぐに話題になりそうだが。先のエンタメ誌ライターはこう言う。

「岡田結実とは違って、三村さんの娘がタレント活動をしているとは聞いたことがありませんし、
芸能界にあまり興味がないのでは。ネットに上がっている幼少の頃の写真を見ると、たしかにかわいらしいですけどね」

上沼恵美子を真似するわけではないが、三村のお嬢さんには平穏で幸せな人生を歩んでほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1303774/
2017.04.23 18:15 アサジョ

https://pbs.twimg.com/media/CNkuB7uUkAAWbyi.jpgno title

【【芸能】岡田結実を超える?さまぁ~ず三村マサカズの娘が可愛いすぎると評判】の続きを読む

このページのトップヘ