このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/23(土) 15:27:23.08 ID:CAP_USER9
 2018年の9月16日をもって引退することを発表した歌手の安室奈美恵。40歳の誕生日を迎えた9月20日に突如、自身の公式サイトで引退を表明し、歌姫の決意に日本じゅうが大騒ぎとなり、今なおショックが続いている状況だ。

 安室といえば、1990年代半ばに小室哲哉プロデュースによる楽曲でミリオンセラーを連発。96年に発売された「Don't wanna cry」で日本レコード大賞を受賞し、翌年も200万枚以上を売り上げた
「CAN YOU CELEBRATE?」で連続受賞。同時に細眉や厚底ブーツ、茶髪のロングヘアーなど安室の真似をした「アムラー」なる若者が一世を風靡して社会現象になった。常に第一線を走り続けた歌姫ゆえ、
その功績は計り知れない。だが、そんな安室にも低迷していた時期があった。週刊誌の芸能担当記者は言う。

「2000年代に入って一時、存在感がなくなりました。その頃、安室はヒップホップやR&Bに転向し、それまでのイメージとは違う姿にファンも違和感を覚えたのでしょう。ですが、周りから『人気低迷』と
言われる中、テレビへの露出を減らしてストイックにR&B路線を追求。次第にそのパフォーマンスが『かっこいい!』と再評価され始め、2008年3月に発売された『60s 70s 80s』が、9年3カ月ぶりにオリコン・
シングルランキングで首位を獲得。同年発売されたベストアルバムも1カ月で100万枚を突破しました。最近では、2015年9月から2016年2月にかけて行われた全国アリーナツアーで約40万人を動員したりと、
見事“セカンドブレイク“を果たしたのです」

 今回の引退報道では安室の人気ぶりが話題になりがちだが、実際は苦労を重ね現在の地位を築いたということだろう。そして、安室と同じく平成を代表する歌姫で、同じくセカンドブレイクを経験した
アーティストが存在する。

「それは宇多田ヒカル(34)です。作詞作曲の才能やインパクトのある歌声は世間に衝撃を与え、1999年にリリースされたファーストアルバム『First Love』は200万枚突破。安室と同様に若くして
大ブームを巻き起こし一時代を築きました。しかし、2010年8月に『人間活動』に専念するということで、アーティスト活動を休止。結婚や出産を経て2016年4月に復帰し、8年ぶりにアルバム『Fantome』を
リリースすると、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得。CDが売れない時代にもかかわらず、特典も付けずに25万枚の売り上げを記録したのです。まさに、セカンドブレイクと言っても過言では
ないでしょう」(前出の記者)

 もちろん、安室はブログやツイッターをやらない一方、宇多田は自身のツイートがたびたび話題になるなど、2人のスタンスは違う。だが、セカンドブレイクという点で共通していたのだ。

「1度目の黄金期を経験した後に、2度目のブレイクを迎えるケースはかなり難しい。黄金期からさらに脱皮しなければならないのですからね。ゆえに、セカンドブレイクを果たしたということは本物である
証拠でしょう。ジャンルは違いますが、有吉弘行(43)やヒロミ(52)など、芸人についてもそう言えます。安室も低迷期に実力を蓄え、再び黄金期を迎えていたわけですから、引退は本当に惜しいです」(同)

 大ヒット曲を放ったその後、姿を見なくなった歌姫たちは数多い。果たして今後、日本のミュージックシーンに第2、第3の安室&宇多田は出現するだろうか? 注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent&p=2

【【芸能】安室奈美恵と宇多田ヒカル…本物の歌姫になれた2人の“ある共通点”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/23(土) 10:39:30.78 ID:CAP_USER9
 ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)が22日、スポニチ本紙既報通り、新たな芸能事務所にそろって所属することを発表した。事務所は、独立騒動の端緒となった元女性マネジャーのI氏が社長を務める「CULEN(カレン)」。一時は別々に活動していくともみられたが、独立から2週間で念願の合流を果たした。

 「カレン」は、I氏が昨年7月に中国系企業とともに設立した会社。I氏は同12月に社長に就任。タレントのマネジメント業を行う準備を進めていた。社員にはジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」時代にI氏の下で働いていたスタッフもいるという。当初は10月とみられた合流時期が早まったことに、関係者は「3人とI氏の思いがそれだけ強かった」と明かす。

 3人の窓口を務める弁護士によると、既に仕事のオファーも届いている。早ければ年内にも新規の仕事を始めることになる。

 3人の公式ファンサイトもこの日、スタートした。サイトのタイトルは「新しい地図」。「新しい地図」は英語で「NEW MAP」になることから、ファンの間では「新しいSMAPを表現しているのでは」などの声が上がった。東西南北を思わせるデザインの中でN、E、Wのアルファベットだけが裏返しになっている。「変わらないSMAPという意味では」との声も広がった。弁護士は「メンバーのアイデアを基に作ったデザイン」と説明している。

 朝日新聞と東京新聞の22日付朝刊には同様のデザインで、サイトを紹介する見開き広告も掲載された。両紙にはこれまでファンのメッセージ広告が掲載されており、その声に応えた形となった。サイトの動画では「逃げよう。自分を縛りつけるものから」などのメッセージが流れる。「新しい地図」名義のツイッターなどのSNSも開設。メンバー個々のSNSもスタートさせる予定という。

2017年9月23日 07:50
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/23/kiji/20170923s00041000011000c.html

関連記事
元SMAP3人、新聞広告でファンに“返礼” 応援に「感謝の気持ち」発信
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/22/kiji/20170922s00041000113000c.html

【【芸能】元SMAP3人、新事務所で元マネと悲願合体…「思い強く」時期早まる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/23(土) 14:33:09.61 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/news/detail/1716170
2017.09.23 13:00

今年3月の放送で反響を呼んだ企画「50代レジェンド芸人大集合」が、1時間スペシャル「ガキの使い特別版! 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」と題して24日よる11時より日本テレビ系にて放送される。

登場するのはダウンタウンのほか、前回に引き続きヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広。さらに今回は出川哲朗も参戦する。
番組では多くの芸人たちにレジェンド芸人に聞きたい質問を調査。質問の回答者に指名されたレジェンド芸人は5秒以内でその質問に答えなければならない。

寄せられた質問は「6人で飲みに行ったら誰が支払いをするのか?」「欠かさず見るテレビ番組は?」「芸能界の親友は?」など。
「支払い」の話になると、“個人事務所”“帯番組”“CM本数”などのキーワードかから6人が互いの腹を探り合い。

「親友」というテーマでは、ヒロミが仲のいいとんねるずの話を切り出す。一同が遠慮がちにしゃべっているところに、出川が思い切って「一緒に番組をやるしかない!」とズバリ提案。
これに松本は「◯◯◯って言われたら……」とモジモジ。ダウンタウンの結論に注目だ。
(続きはソースをご覧下さい)

no title

no title

【【テレビ】ダウンタウン&とんねるずの共演実現?出川哲朗の提案に松本人志が要望「ガキの使い特別版」24日放送】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/22(金) 19:11:07.56 ID:CAP_USER9
 還暦を過ぎても、公私にわたっていまだ一線に立ち続けるお笑い芸人・明石家さんま(62)に新たなロマンスが持ち上がった。人気アナウンサーのカトパンこと加藤綾子(32)とのニューヨークデートを9月21日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。ニューヨークの人気レストランで食事をともにした2人。人目を気にせず笑いが絶えない時間を満喫していたという。

「加藤はフジテレビ入社2年目の2009年、さんまがMCを務める『ホンマでっか!?TV』のアシスタントに大抜擢。当時はまだ初々しかった加藤が、大御所のさんまが繰り出す下ネタ含みのイジりを器用に対応。当代一のアナウンサーとしてのしあがっていくきっかけとなりました」(テレビ局関係者)

 4月の『さんまの番組向上委員会』(フジテレビ系)で共演した際は、加藤の先輩の高橋真麻(35)が、フジテレビとさんまとの連絡役を加藤が務めていることを暴露。男女の関係を疑う出演者たちのツッコミに加藤は笑顔で交際を否定し、さんまはうなだれる一方だった。

 今回の『女性セブン』の報道でも、2人が偶然ニューヨークに居合わせていることを知ったスタッフが、気を利かせてセッティングしたまでで、交際含みの密会というわけではないと指摘している。とはいえ、2人の関係が今後進展する可能性も否定できない。

■カトパンが語っていた「さんまへの信頼感」
 芸能誌記者が指摘する。

「加藤は最も尊敬するタレントにさんまを挙げており、2人は強い信頼関係に結ばれています。さんまは前妻の大竹しのぶ(60)や石原真理子(53)らをものにしてきた共演者キラー。加藤の先輩の八木亜希子(52)とも噂になったことがあります。また、加藤もメジャーリーガーのダルビッシュ有(31)らとも浮名を流す肉食系女子。波乱含みとも言えます」

 2人の年の差は30歳。親子ほど年の離れた2人がゴールインするという“ホンマでっか!?”な日が訪れるのか、俄然注目される。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)
>>1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1356916/

【【芸能】明石家さんま&カトパンに30歳差愛?ニューヨーク密会デートの目撃談が浮上】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/22(金) 19:05:01.62 ID:CAP_USER9
9/22(金) 17:56配信
森くん復活の暗号? 元SMAP3人の新サイトに熱い注目

 ジャニーズ事務所を退所したばかりの元「SMAP」の稲垣吾郎さん(43)、草彅剛さん(43)、香取慎吾さん(40)の3人が共同で公式ファンサイトを2017年9月22日に立ち上げ、16年7月に設立済みの株式会社CULEN(カレン)とアーティスト活動を展開すると発表したが、この公式ファンサイトが謎に包まれているとネット上で話題になっている。

【画像】公式ファンサイト内の入会募集ページ

 ファンクラブの名前が「新しい地図 NAKAMA」となっていて、「新しい地図」というのは「NEW SMAP」なのではないか、というのだ。そして「NAKAMA」だが、Nは中居正広さん(45)、Kは木村拓哉さん(44)、Mは元メンバーの森且行さん(43)で、なんと森さんが新生「SMAP」で復帰するのではないか、という話題でもちきりなのだ。

■「Nは中居、Kは木村、そしてMは森に違いない!」

 「NEW SMAP」の憶測はどこから出たのかといえば、公式ファンサイトのトップ画面にある「新しい地図」という文字。これを英訳すれば「NEW MAP」となる。では「S」はどこにあるのかという議論になり、画面には東西南北の方位が書かれている。「N・E・W」の文字が反転していて、「S」だけがそのままだ(「W」もそのままとの見方もできる)。これを単純に繋げると「NEWS」になる。そして「地図」の英訳は「MAP」。繋げれば「NEWS MAP」。これは「NEW SMAP」を意図していると受け止められた。

 稲垣さん、草彅さん、香取さん3人の「NEW SMAP」なのか?という疑問に対する「新説」は、「新しい地図 NAKAMA」の「NAKAMA」にヒントがあり、Nは中居さん、Kは木村さん、そしてMは森さんに違いない、という話で盛り上がり、

  「森君も加わるんじゃね?」
  「歌の上手い森を入れた方がいい」
  「中居と森君はいつ合流するの?」

などといった書き込みが掲示板に出た。

 実は、森さんについては最近、ファンが歓喜する「事件」が起きていた。17年9月18日放送のテレビ朝日系特別番組「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」でのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000013-jct-ent
no title

【【SMAP】森くん復活の暗号? 元SMAP3人の新サイトに熱い注目】の続きを読む

このページのトップヘ