このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/09(月) 16:49:27.51 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/topics/detail/13724129/
2017年10月9日 14時3分 トピックニュース

9日、ピコ太郎のプロデューサーとしても知られるお笑い芸人の古坂大魔王が自身のTwitterで、ブレークしたての若手芸人に向けられる厳しい目線を「転入生の原理」であると分析した。
ウガンダを訪問していた古坂は「飛ぶ前に一つ」と前置きし、芸人がブレークしたあとに寄せられる批判に対してツイートを連投した。

古坂いわく「若い芸人がドーンと盛り上がって受けてテレビに出始める」ようになると、一般人から「何が面白いの?真顔で見てる」という手厳しいツイートが多く寄せられるらしい。
古坂はそうした反応が「もうワンパターン過ぎですよ」と苦言を呈するのだ。

ブレークしたての芸人に手厳しい反応が寄せられる理由を、古坂は「転入生の原理」だと説明する。
転入生が来て面白いことをやっても「最初は慣れないから笑えない」が、「クラスの人気者がやると笑う」のと同じだというのだ。

古坂は面白さの是非を決めるのは、受ける側の「心境や状況や慣れによるのが大きい」だと分析する。
そのために、知らない人間のギャグを見ても「つまらないと一刀両断」だが、知っている人物が同じことをすると「面白い」に転じるというのだ。

また古坂は、受け手の人間の心構えとして、発信者が「喜んでもらう為」にやっていることが理解できれば、「大体面白くなる。したら、世の中面白いものが増えて…楽しいじゃない!!そうした方が…モテるぜ、ハニー」と呼びかけていた。

【【芸能】古坂大魔王がブレークした芸人への辛辣ツイートに苦言 「転入生の原理」「知っている人がネタやれば面白い」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/09(月) 10:38:02.30 ID:CAP_USER9
9月30日放送の『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(MBSラジオ)にて、加藤浩次がレーシック手術について語っていた。

「レーシックやったって言ったじゃん。で、今、視力どんどん落ちてんのね。昨日、病院行ったんだよ。右目が0.9、左目が0.5で。

両目1.5、1.5まで行ってたんだけど、どんどん下がってて。ちょっと上げようかなって思って」

日常生活にも不都合があるという。

「車、運転してても大丈夫なレベルなんだけど、夜とかテールランプが若干にじんで見えたりするようになってて。クレーム入れてもう一回、行こうって思って」

その後、どうなったのか。

「『ああ、だいぶ落ちてますね』って。0.9、0.5だって言われて。眼鏡作るときに、丸い眼鏡かけて、そこにレンズ挟んでくのあるじゃない?

レンズ挟んで、1.5、1.5になるわけ。『ああ、全然違うな』『すげえ見えるな』って思って。もう一回、手術しようかなって思って」

しかし、もう一度手術をするにあたって、医師からは「問題がある」と言われてしまったそう。

「『ちょっと、スマホ見てもらっていいですか?』って言われて、1.5、1.5にしたら、全然見えねぇの(笑)。

今まで0.9、0.5だったから、左右違うわけじゃん。遠く見てるときは、0.9で見てんだって、右目で。それで、スマホ見てるのは0.5だから、遠くは見えないけど、近くは見やすいわけよ」

つまり、再度手術をすることで、老眼への対応が難しくなるのだという。

「1.5、1.5にしたら、もう手を50センチくらい離さないとスマホ見れねえよ(笑)。ってことはさ、山本(圭壱)とかに『なんだよ、老眼きて。おれ、全然きてねぇわ』って言ってたじゃん。きてたのよ(笑)。

目の視力が左右違って、片方が悪いから、悪い方で見てるだけで、実は1.5、1.5にしたら、全然見えない。この問題が出てくるんだってよ」

老眼が進む年齢でのレーシック手術には、注意したほうがよさそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010000-flash-ent

加藤浩次
no title

【【極楽とんぼ】加藤浩次「レーシック手術するも視力悪化」再手術できない理由 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/08(日) 23:39:15.70 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35108468.html

(CNN) 米西部ワシントン州の警察は7日、米国の人気ラッパーのネリー(42、本名:コーネル・ハインズ・ジュニア)が女性への性的暴行容疑で訴えられ、同日逮捕されたと述べた。

レイプの被害者とする女性が警察に通報したという。ネリー容疑者は同州デモインの施設に7日早朝、勾留されたが、数時間後に釈放されたという。同日午後にツイッター上で全く身に覚えのない罪とし、今後証拠などが検証されれば無実は立証されるだろうと述べた。

地元警察によると、女性は警察への緊急通報で、性的暴行は7日早朝、容疑者のツアーバス内で起きたと訴えた。


ネリー容疑者は女性が緊急通報する数時間前、ワシントン州キング郡内で公演していた。

同容疑者はこれまで米グラミー賞を3回受賞。全米アルバムチャートの常連ともなっている。

米芸能メディアによると、ネリー容疑者は2015年、マリフアナ所持と薬物摂取用の道具保持の罪を認めたことがある。

2017.10.08 Sun posted at 14:26 JST

ネリーのツイッター
https://mobile.twitter.com/Nelly_Mo/status/916789753944539136?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.cnn.co.jp%2Fshowbiz%2F35108468.html

ラッパーのネリー容疑者が性的暴行容疑で逮捕された
no title

【【芸能】人気ラッパーのネリー逮捕、性的暴行容疑 グラミー3回受賞 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/08(日) 18:05:56.57 ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(45)とモデルで女優の佐々木希(29)が8日、
都内で挙式・披露宴を行った。会場には幸せな2人の姿を捉えようと報道陣も詰めかけたが、
出入り口にパーテーションを立てるなどしており、幸せツーショットの披露はおあずけとなった。

 渡部の相方・児嶋一哉(45)も、おいそれとプライベートを口にできないようで
「どこまでしゃべっていいのか分からないんですよ」と困り顔。ただ、2人の様子を尋ねられると
「幸せそうでしたね」と答え、笑顔を見せていた。

 渡部と佐々木は4月11日に婚姻届を提出。同日、渡部が日本テレビ系「ヒルナンデス」に出演し、
生報告した。8月26日には同局の「24時間テレビ」で渡部がスペシャルサポーターとして、
佐々木がゲストとして“共演”。2人がワンフレームに収まる一瞬はあったものの、
ツーショットは披露しなかった。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000082-dal-ent

【【芸能】アンジャッシュ渡部&佐々木希が挙式・披露宴…ツーショットの披露は無し 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/08(日) 11:39:37.89 ID:CAP_USER9
ビデオリサーチ社が年2回行っている「タレントイメージ調査」8月度版がこのほど発表され、トップに新垣結衣(29)が初めて輝いた。
昨年の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に続き、7月クールの「コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)での人気で頂点に達した。
注目は順位を上昇させた、他の顔ぶれだ。

「女性タレント人気度上位50」の過去のデータと比較すると、お笑い芸人の勢いが目立つ。インスタグラムの女王・渡辺直美(29)は34→24→13と推移し、今回はベスト10入りの8位。
イモトアヤコ(31)も13→18→29と推移し、今回は9位にランクインした。

「女優やミュージシャン、スポーツ選手など、並みいる美女たちを押しのけて、ついにトップ10入りだからすごい。
渡辺はインスタや自らのブランド、CMに加え、ドラマ主演も果たしましたし、イモトも『世界の果てまでイッテQ!』の人気を土台にドラマやCMにもコンスタントに出演し、2人とも年収は軽く1億円を超えているでしょう。
2人とも今や女芸人の目標、憧れの対象になっていますよ」とはお笑い関係者だ。

この勢いは他の女芸人にも波及している。いとうあさこ(47)は36→39→26と推移し、今回は15位まで上昇した。
25位の柳原可奈子(31)、28位の近藤春菜(34)、36位の友近(44)も安定した人気を保っている。そして、初登場のブルゾンちえみ(27)は48位だった。

「ひと昔前も、三枚目タレントや女芸人は重宝されてきた。久本雅美や柴田理恵、森三中、南海キャンディーズのしずちゃん、青木さやかなどが人気の時代もありましたが、
新しいメンツに取って代わられた印象。ブルゾンは一発屋で終わる可能性がまだまだ高い。
安定的に売れる面々は表裏のない、あけっぴろげな性格で、自虐ネタもいとわず、面白い、アドリブに対応できるなどの共通点がある。
そこまで到達して人気を得るのは並大抵のことではないんですよ」(前出の関係者)

一方の女優、タレント陣にも変化があった。人気だったローラ(27)が5→14→6と推移し、今回は20位までランクを下げた。

「事務所移籍騒動でテレビ番組はほぼ干されていますが、CMだけは続いている状態。問題が片付くまでは上位復帰は難しいでしょう。
ローラ本人は米国進出、モデルやハリウッド女優を目指しているので、日本ではこのままCMのみの活動になってしまうかも」(広告代理店関係者)

篠原涼子(44)も9→15→10と推移し、今回は25位まで落ちた。

「市村正親との間に9歳と5歳の2男を持つママ女優で、最近は特番ドラマや友情出演など、露出が減っていたことで下降したのでしょうが、女性からの人気は根強い。
10月からのフジテレビの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』で主演しますが、
前作の『コード・ブルー』の視聴率が良かっただけに、視聴率が悪ければ“篠原神話も終わり”となりかねません」(ドラマ関係者)

ほかに人気どころで予想通りの上昇を見せたのは有村架純(24)で、24→30→26と推移し、18位にランクアップ。
「アンジャッシュ」渡部建(45)と結婚してイメージアップにつながった佐々木希(29)は前回87位から48位に上昇した。浮き沈みの激しい芸能人の人気はまさに時代を反映している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13720348/
2017年10月8日 11時0分 東スポWeb

no title

【【芸能】ローラ テレビ番組から干され「イメージ調査」急落 】の続きを読む

このページのトップヘ