芸能・NEWS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/25(月) 16:08:43.25 ID:CAP_USER9
 かつて“にゃんにゃん写真”が流出した元アイドルの横須賀昌美(55)が25日放送のフジテレビ系
「バイキング」に出演し、不倫が多発する芸能界に「吐いたツバは自分に戻る」と警鐘を鳴らした。

 横須賀は人気絶頂時の1984年、19歳のとき写真週刊誌に“にゃんにゃん写真”が掲載された。
ふざけて撮った男性とのベッド写真流出で、出演していたCMは全て降板になった。違約金は3800万円。
「3000万円は貯金をはたき、残り800万円はアルバイトをかけ持ちして2年で返済した」(横須賀)

 近くにいた大人は遠ざかり、仲の良かった友人も、合うと視線をそらすなど、環境が一変したのが
ショックだったと振り返る。19歳で体験したドン底人生で、得たものもあるという。
「17、18の小娘に40~60代のスタッフの方がいっぱいついて、躍起になって頑張るわけです。
周りにヘルプされて自分は成り立っていた。その重みがどん底にいたときに痛いほど分かった。だから、
感謝を忘れずにいかなければいけないと思った」

 その後、別の事務所に所属し、Vシネの女王と呼ばれるまでに復活。現在は地元・金沢でスナックを
経営し、自らカウンターで接客する。

 立ち直った横須賀は、世間を騒がせる芸能界のスキャンダルをどう感じているのか。
「好奇心があってのことだと思うけれど、たった一回、一枚の写真で転がり落ちてしまう。
自分で吐いたツバは、絶対自分に戻る。自分にツバを吐かない、天にツバを吐かないようにしてほしい」
と語った。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000015-tospoweb-ent
1980年代、かつて人気絶頂だった頃の横須賀昌美
no title

【【芸能】ベッド写真流出で全CM降板した元アイドル「たった一枚の写真で転がり落ちてしまう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/25(月) 06:29:08.76 ID:CAP_USER9
お笑いコンビのダウンタウンが、24日に放送された日本テレビ系バラエティ特番『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP』で、とんねるずとの再共演について語った。

お笑いコンビのダウンタウンが、24日に放送された日本テレビ系バラエティ特番『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP』で、とんねるずとの再共演について語った。

芸人たちの質問に、ダウンタウン、ヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部の肥後克広、出川哲朗のにレジェンドたちが回答していく同番組。「親友」というテーマで、松本人志は、元SMAPの中居正広や、元プロボクサーの辰吉丈一郎の名前を挙げた。

このテーマで、ヒロミは「とんねるずの…」と言いかけたが、「とんねるずって言うとピリっとしだす…」と、ダウンタウンと共演の少ないとんねるずの話題を躊躇(ちゅうちょ)。

それでも、カメラが回ってないところで、とんねるずがダウンタウンの話をしていることを明かし、「俺が『ワイドナショー』とか出てるから、結構よくウオッチャーで見てて、憲ちゃん(木梨憲武)なんかは、『いいとも!』の最終回のときに、『俺好き勝手やってるのに、松本だけはツッコんでくれたんだよな…』ってよく言ってたもんね」と話すと、松本は「実は、ああいうのは俺も助かってるからね」と強調した。

また、浜田雅功は、2014年に沖縄行きの飛行機で、座席がとんねるずに挟まれた際のエピソードを披露。「(飛行機の中では)その場は乗ってるだけだったけど、降りてから憲武さんが横に来て『なんで沖縄なの?』って聞かれて、後ろから石橋(貴明)さんが来て『何なの?なんで沖縄なの?』ってなって、3人でずっと固まって出口まで(笑)」と、珍しい3ショットになっていたことを明かした。

松本は、とんねるずの話題が出るとピリピリする空気が嫌だと訴えたが、出川は「解決策は、一緒に特番をやるしかないんですよ! どうだ!」と提案。これに対して、松本は「どこの局なのか、ディレクターは誰なんだっていうのがあるのよ」と言いながら、共演するならどんな番組がいいかを聞かれると、「芸歴も下やし年齢も下やから、こっちから言えるような立場じゃない。向こう(とんねるず)から『食わず嫌い、来いよ』って言われたらね…」と前向きな姿勢を見せたと思いきや、「行かないけど…」と落とし、全員からツッコミを受けていた。

2017/09/24 23:44
https://s.news.mynavi.jp/news/2017/09/24/161/index.html

【【芸能】<松本人志>とんねるずとの再共演は「食わず嫌いに来いって言われたら…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/25(月) 14:21:18.77 ID:CAP_USER9
 タレントのキャシー中島が25日、フジテレビ系「バイキング」で、ペニーオークション騒動で
5年間テレビから遠ざかっていた小森純が20日のテレビ番組で騒動を謝罪したことに触れ、
もし小森が芸能界復帰を目指しているのなら「イメージはついている。それは覚悟して」と忠告した。

 番組ではペニオク騒動をテレビ番組で謝罪した小森について特集。小森は「バイキング」のアンケートにも答え、
ペニオクに関わった経緯や、問題発覚後の周囲の反応などについて回答していた。

 小森は今後についても「まだ小さい2人の子ども達との時間を第一に考えながら、私にできるお仕事があれば
全力でやっていきたいと思っております」と回答した。

 MCの坂上忍は「(番組で)謝罪して、けじめをつけてるんだから頑張るしかないでしょう」と今後、
仕事で挽回していくことを期待したが、キャシーは
「でも、イメージというのがあって。一回そういう形で出てしまうと、私もテレビにそういう方が出たら、
娘に『この人、昔こういうことあったの』って絶対言う。主婦レベルでは。イメージ付いちゃってる。
それは覚悟して」と、小森に忠告した。

 これに坂上は「女性目線のイメージ、男と違う。(女性は)ずっと覚えてる」と断言。これには
ブラックマヨネーズの吉田敬も「ぼくらも共演するならいじらせてもらう。『手数料払うからちょっと答え教えて』とか」
と、芸能界復帰ならば、騒動については“いじる”とコメント。坂上も
「それはNGとか出されたらちょっと付き合えなくなっちゃう」と同意していた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000057-dal-ent

【【芸能】キャシー中島 小森純復帰なら「覚悟して」 ペニオク印象、主婦は忘れない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/24(日) 20:41:56.52 ID:CAP_USER9
9月20日、自身の40回目の誕生日に、突然引退を発表した歌手の安室奈美恵。そのショックは大きく、テレビの速報テロップが出るほどの衝撃だった。

各スポーツ新聞やネット上は“引退の理由”について、以前に所属していた事務所との確執や金銭問題など様々な憶測が飛び交っている。

しかし、芸能ジャーナリストは「燃え尽き症候群ではないか」と推測する。

「1992年のデビューから、順風満帆の歌手生活を送り、私生活でも母になった安室ですが、実はプライベートでは苦難が続きました。
裕福とはいえない家庭の、3人兄弟の末っ子として生まれた安室は、沖縄アクターズスクールのマキノ正幸校長に見いだされた時から、家族のためにスターになることを夢見ました。
それを実現し、家族のための家を建てることもできた。
97年には、TRFのダンサー・SAMと結婚。翌年には男の子にも恵まれました。
ですが、代々医者という家柄のSAMの家族からは、歓迎されなかったそうです。
離婚後は、実母の協力を得て歌手活動を行っていましたが、99年に母親が殺害されるという不幸に見舞われている。
このとき安室は引退を考えたそうです」

噂されている金銭問題についてはどうなのか?

「彼女は、お金に執着する人ではありません。99年の事件の発端が、自分の稼ぐ財にあったこともあるのでしょう。
ですから安室は、01年のアメリカ同時多発テロで1200万円、05年のスマトラ沖地震で1000万円。
日本では、1995年の阪神・淡路大震災(金額不明)、11年の東日本大震災では5000万円もの義援金を贈るなど、慈善活動も極秘で行っています」

引退する来年は、愛息が成人する。その節目で、誰のためでもない自分の人生を歩み始めたいが故の引退かもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1358133/
2017.09.24 18:15 アサジョ

【【芸能】安室奈美恵が極秘に行っていた多額の義援金と慈善活動】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/25(月) 00:00:15.38 ID:CAP_USER9
23日放送の「炎の体育会TV」(TBS系)で、オードリー・春日俊彰がエアロビスの大会に出場し、世界的名コーチを激怒させた。

番組では、競技のエアロビ日本一を目指す春日が、地区予選の全日本エアロビクス大阪大会「男子シングル部門」に出場する様子を放送した。
全国大会に出場するためには3位以内入賞が絶対条件となる。

そこで春日は、ブラジル出身の元世界王者・パウロコーチから日本語による指導のもと、3カ月間の猛特訓を重ねてきた。
パウロコーチはエアロビの世界選手権の初代王者であり、世界王者に5回輝いた実績を持つ。
また、世界30カ国で指導し、105人を世界王者に輩出している。

大会本番で、春日は異様な盛り上がりを見せる会場で、持ちギャグを盛り込んだ振り付けを披露。
演技後、観客席からは大きな歓声が上がった。

ところが、パウロコーチは浮かない表情で競技後の春日を出迎えた。
そして春日に「私はコーチとしてプライドあるから」「何で、本番で違うことやってる?」「ふざけるな!」「お客さんは楽しいかもしれないけど、審査員はちゃんと点数出してるから」と激怒。
結果発表を待たず、会場から出て行ってしまったのだ。

パウロコーチが激怒した理由は、春日が練習通りにしなかったから。
盛り上がる観客を前に調子に乗り、登場は19秒以内というルールを忘れ52秒もアピールを続けた。
さらに、冷静さを失い、細かいミスを連発し、減点となった。

結局、春日の最終順位は5位で、全国大会への切符を手に入れられなかった。
スタジオでVTRを見たあき竹城は、春日に謝りに行くよう促す。
春日は収録後、パウロコーチに謝りに行こうと移動しているところで番組は終了した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13656051/
2017年9月24日 12時33分 トピックニュース

no title

no title

no title

no title

no title

【【芸能】春日俊彰がエアロビ大会出場も世界的名コーチが激怒「ふざけるな!」】の続きを読む

このページのトップヘ