スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/15(金) 00:13:44.32 ID:CAP_USER9
 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(45)が、14日に放送された
日本テレビ系バラエティー「ぐるナイ! ゴチになります!」(木曜・後7時56分)に出演。
交際中の一般男性との結婚について「(入籍するために)3回、戸籍謄本を取り寄せて、
3回期限切れになりました」と中々、ゴールインに踏み切れない現状を明かした。

 同じ国民栄誉賞の女子レスリング・吉田沙保里(34)とともにゲスト出演した高橋さんは、
吉田から「結婚はいつされるのかな?」と聞かれると、「私が教えて欲しいです」と激白。元
トレーナーで個人マネジャーを務める西村孔さんと長年、交際中だが、
「3回、戸籍謄本を取り寄せて、3回期限切れになりました」と告白。
「この間、(西村さんに)『結婚するの?』って聞いたら、『本当にする気になった時に
聞いて下さい』と返されました」と、まだゴールインまでは遠い現状を明かしていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000222-sph-ent

【【マラソン】高橋尚子さん、結婚踏み切れず「3回、戸籍謄本を取り寄せて、3回期限切れになりました」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/14(木) 17:57:21.70 ID:CAP_USER9
【ニューヨーク13日(日本時間14日)発】テレビ朝日が、8月5日に放送した「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV 夏の甲子園直前SP」をめぐり、ヤンキースの田中将大投手(28)にも謝罪していたことが分かった。同番組ではドジャースのダルビッシュ有投手(31)が「絶対言ってないです(笑)」とSNSで完全否定。テレビ朝日側が即、謝罪する騒動があった。実は田中も同様の“被害”に遭っており、「あれ、全然言ってないですよ」と完全否定。しかも今回はそれだけではないという。田中もあきれた舞台裏とは――。

「キリトルTV」の読唇術問題は水面下でもモメにもめていた。ダルビッシュがツイッターで完全否定した放送翌日の8月6日未明、実は田中サイドも放送内容と、映像使用の事前確認がなかったとして、テレ朝関係者に抗議していたことが分かった。

 番組はスポーツなどの名場面を読唇術を使って切り取り、当時の心境を推測するもので、視聴者の人気は高い。5日は夏の甲子園開幕に合わせ、高校時代の田中やダルビッシュだけでなく、イチローや松坂などを取り上げ、口の動きを読唇術で“解読”していた。ちなみに番組冒頭で「※読唇術は口の動き等から言葉を“推測”するものです」とテロップを入れてはいるものの、それ以降は注釈をつけていない。

 田中のパートが放送されたのは番組中盤、ダルビッシュの前だった。早実と争った2006年の甲子園決勝を中心に、マウンド上で口を開き、何かを発したシーンを多く取り上げているのだが、本紙が本人に確認し、否定したのはそこで用いられた3か所だった。

①05年、夏の甲子園決勝の京都外大西戦。マウンド上で発したとされる「うぜーよ! お前よ!!」(番組内テロップのまま)。

②06年、夏の甲子園決勝。安打を打たれたあとの「ムカつくんだよ、お前(自分)の球」。

③同じ試合内の「なんつう球だよ」。

 番組内では、こうした“分析結果”をすべて「自分を鼓舞させるため、自分自身に言っている」としているが、目立つのは言葉遣いの粗さだ。いくら「口の動き等から言葉を推測」したとはいえ、イメージを損ないかねない発言を勝手に作られたのでは、本人もたまったものではない。

 改めて映像を見て「あれ、全然言ってないですよ。だって、明らかに口の動きが違いますもん。あんなことは言ってない」とキッパリ否定した田中は、内容だけでなく無許可だった映像使用についても、こう怒りをあらわにした。

「たとえ数秒でも、ちゃんと(確認を)やるところはやっているし、連絡は来ますから。『(テレビは)そんなもん』とか、そういう問題じゃない。肖像権があるわけですから」

 関係者によれば、田中サイドが抗議をした後、テレ朝側が番組制作サイドに確認。すると、事前の内容確認と映像使用、すべての連絡を怠っていたことが判明し「弁解の余地もない」との返信が翌日にもあったという。さらにこうしたミスが田中以外にも散見されたことから、番組プロデューサーと今後の徹底を話し合ったそうだ。

 こうした経緯について、テレビ朝日広報部は本紙の取材に「田中投手サイドから映像使用などについてご指摘がありました。事前に放送内容などについて十分な説明ができていなかったことについておわびいたしました」と回答し、解決済みであるとしたが…。ダルビッシュに続き、田中も否定する事態となった、今回の“キリトルTV読唇術問題”。場合によっては、第3、第4の訴えも起きかねない。

2017年09月14日 16時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/765598/
no title

【【テレビ朝日】「キリトルTV」読唇術に激怒・ヤンキース田中にテレ朝謝罪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/12(火) 21:30:18.85 ID:CAP_USER9
18歳以下の野球ワールドカップ(U18W杯)1次ラウンドの南アフリカ戦で、待望の木製バット第1号を放ち、
スーパーラウンドのカナダ戦で放った第2号で高校通算本塁打数を111本に更新した、早稲田実業学校高等部の清宮幸太郎。
決勝進出こそ逃したが、U18W杯では32打数7安打2本塁打と木製バットへの対応もこなした。

さて、この後の注目は清宮の進路だ。カナダのラジオ局リポーターの「次のステップは?」との質問に対し、
本人は「大学かプロか、まだ決めていない」と答えており、最終戦終了後は「(父が)早稲田と(母が)慶應なので、大学の良さを知っている」と話している。
いずれにせよ、プロ志望届の提出期限である10月12日までの間に、清宮は大学進学かプロ入りかを決めることになる。

早実からは早稲田大学へ進むのが“既定路線”だ。ここ数年、早実野球部の生徒は9割以上が早大に進学している。
さらに、父親が早大ラグビー部で監督を務めた経験があるため、大学進学が濃厚ともいわれる。
一方で、大学進学について「回り道では」という声も少なくない。

清宮は高校とプロのどちらを目指すべきか。
横浜高校のエースとして甲子園で優勝後にロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に入団、その後中日ドラゴンズに移籍して20年間プロ野球で活躍した愛甲猛氏は「難しい選択だ」と語る。

「今の彼には、克服しなければならない課題が多い。
打撃と守備・走塁のギャップが大きすぎるし、肝心の打撃もアウトコースの対応がうまくない。
プロ入りすれば、プロの変化球に慣れるまでに時間がかかるだろうね。

また、現状の守備力ではプロで使えるポジションがない。ファーストしかできないから、どの球団も使い方で悩むと思う。
いくら打っても、守りのミスで失点してしまえば帳消しになってしまう。

長いシーズンを戦うプロ野球では、9つのポジションのうちひとつでも穴があるというのは大きなマイナスになる。
得点力を高めて勝つのもひとつの戦略だけど、守備力を高めて失点を防ぐというのもひとつの勝ち方だからね。

プロ入りした場合に一番怖いのは、2軍で鍛えられる期間が長引いて“2軍ズレ”してしまうこと。

http://dailynewsonline.jp/article/1354292/
2017.09.12 20:00 ビジネスジャーナル

【【野球】清宮幸太郎、プロでは「使えない」可能性…指摘されない「重大な欠点」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/11(月) 20:39:03.44 ID:CAP_USER9
通行をめぐりトラブルになった男性2人にけがをさせたとして、大阪府警南署は11日、傷害の疑いで、大阪市中央区中寺、無職、相(さが)良(ら)正幸容疑者(33)を逮捕した。

同署によると、相良容疑者は不良グループのリーダー格で、格闘家としても活動し「拳月(けんむん)」のリングネームで格闘技イベント「K-1」にも出場歴がある。

逮捕容疑は、平成28年7月25日午前0時半ごろ、同区東心斎橋の路上で、大阪府東大阪市の男性(41)を殴って頭蓋骨骨折の重傷を負わせたほか、
同市の男性(47)にも頭部打撲など全治2週間のけがをさせたとしている。
同署は認否を明らかにしていない。

同署によると、被害に遭った男性らが乗用車で走行していたところ、路上を歩いていた相良容疑者らのグループと通行をめぐりトラブルになったという。
ほかに少なくとも2人が関与したとみて捜査している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13598315/
2017年9月11日 19時27分 産経新聞

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=58FR7YBs6HE


K-1 MAX 長島☆自演乙☆雄一郎 vs 拳月

https://www.youtube.com/watch?v=0nNTvJIYTc0


Kenmun's Post-Fight Interview - K-1 MAX 2011

【【格闘技】K-1出場歴ある格闘家を逮捕 通行トラブルで男性殴打、頭蓋骨骨折負わす 大阪・南署】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/11(月) 00:41:47.98 ID:CAP_USER9
サトノダイヤモンド凱旋門前哨戦は敗れる/フォワ賞

9/11(月) 0:38配信

日刊スポーツ

<フォワ賞>◇10日=仏シャンティイ◇G2◇芝2400メートル◇4歳上牡・牝◇出走6頭◇1着賞金7万4100ユーロ(約963万円)

 凱旋門賞の前哨戦フォワ賞(G2、芝2400メートル、10日=仏シャンティイ)に挑んだサトノダイヤモンド(牡4、池江)だったが敗れた。

 6頭立ての少頭数で行われ、前売り1番人気に支持されていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-01885401-nksports-horse

【【競馬】サトノダイヤモンド、凱旋門前哨戦で敗れる フォワ賞(G2)】の続きを読む

このページのトップヘ